デリケートゾーンがかゆくなる原因

デリケートゾーンがかゆくなる原因

腕や顔がかゆくなるとついついかいてしまいますが、デリケートゾーンがかゆくなってもなかなか手が出せませんよね。
暑い時期になると蒸れやすいため、歯がゆい思いをした方は多いと思います。 
デリケートゾーンがかゆい原因は陰部を清潔に保っていないからです。

デリケートゾーンは普段から下着に圧迫されているうえに、ストッキングやスキニージーンズなどで密閉すると余計蒸れやすくなります。
蒸れと汗で高温多湿になったデリケートゾーンは雑菌がどんどん繁殖し、肌が傷つけられていきます。
その結果、かゆみやかぶれが発生してしまうというわけですね。

しかもデリケートゾーンは体の中でも特に皮膚の角質層が薄く、水分を保ちにくい箇所です。
水分が足りていないと乾燥肌になり、ますますかゆみが発生しやすくなります。

雑菌はかゆみだけでなく悪臭も生み出すので、かゆいからといってかきむしると黒ずみを引き起こしてしまいます。
この悪循環を防ぐために、かゆみの原因を1つ1つ解消していきましょう。

まずは服装ですが、カーゴパンツやスカートなどのゆとりのあるものを履くようにしましょう。
下着は通気性の良いコットンやシルクのものを履くとよりお勧めです。

次に、デリケートゾーンの保湿について。
保湿は体内の水分が逃げないようにするために必須です。

仕事の休み時間などの空いた時間にトイレで保湿クリームを塗るなどしてケアしましょう。
この時、ナプキンも新しいものに変えておく雑菌の繁殖を食い止められます。
仕事がらストッキングが必須という方は特におすすめですが、保湿のし過ぎもかえって逆効果になるので気を付けてください。

また、すでにデリケートゾーンがかゆかったり、黒ずみや臭いが気になっているという方はデリケートゾーン用のソープを使って洗うのが効果的です。
薄い角質層を傷つけることなく安全に洗えるので、汚れの除去から保湿、臭い黒ずみ消しがまとめてできます。
デリケートゾーンは自分で思っている以上にダメージを受けやすいところなので、少しでも気になった場合はすぐにケアすることをお勧めします。

copyright(C)アキュテインでニキビ治療